会社のあゆみ

1874年南ドイツの黒い森でRIEKER社はイタリア北部の富裕層向けのシューズメーカーとして事業を始めました。

間もなくして品質の良さから評判を得て、リーカーの名前を中央ヨーロッパに広めて行きました。

代に亘る家族経営で、高品質とデザインの良さで30年ものあいだ毎年成長を続けています。

1970年代前半にスイスに本社機能を、製造はヨーロッパ以外の地域に移しました。

現在では5製造工場、3デザイン部、そして16の卸売部門でおよそ2万人の雇用があります。

主にヨーロッパで9,000ほどの小売店に商品を供給しています。

“アンチストレス”フットウェアは非常にユニークです。

この機能を維持しながらも、トレンドに敏感な商品を展開できるのがリーカーの強みです。リーカーは自社で製造されています。

Rieker Produktionsgebäude Rieker Produktionsgebäude
Rieker Shop Rieker Shop